ヴィトックスに含まれている成分

ヴィトックスα

 

ヴィトックスαには100種類以上の成分が入っています。

 

どのようなものが入っているのか紹介します。

 

vitox-α(ヴィトックスα)の配合成分の中でもメイン成分と言っても良いのが、シトルリン、アルギニン、亜鉛、ガラナ、マカパウダー、赤ガウクルア、レスベラトロールの7種類。

 

7種類の中でもシトルリン、アルギニン、レスベラトロールはペニスのサイズアップのためには超重要な成分。

 

それ以外にも馬睾丸、クジラエキス、トンカットアリ、オルニチンといった個性的な成分も配合されています。

 

馬睾丸、クジラエキス、トンカットアリは精力を高めてくれる効果が抜群です。

 

オルニチンはポリアミンという成分に体内で変換され、ペニスの細胞分裂を促進してくれる効果を期待できます。

 

シトルリン

1930年に日本でスイカから発見されたアミノ酸がシトルリンです。シトルリンという名前の由来は、スイカの学名である「シトルラス・ブルガリス」からきています。

 

シトルリンは、体内へ吸収され、酵素反応で変化する途中で、NO(一酸化窒素)のガスを発生させます。そのNOガスには、血管を力強くしなやかにし血管を広げ、血流をスムーズにする血管拡張作用があります。

 

シトルリンにこのような作用があると知られるようになってから、身体を若返させる成分として、近年注目を浴びています。

 

アルギニン

タンパク質を構成する塩基性アミノ酸の1つです。

 

細胞核タンパク質のヒストンやプロタミン中にたくさん入っています。

 

加水分解によってオルニチンと尿素になり、オルニチン回路の一員として大切んです。

 

生合成にはアスパラギン酸が材料として使用されています。必須アミノ酸ではないが成長期には摂取が必要。

 

レスベラトロール

紫外線が肌に当たると,日焼けやシミの原因になることは知られています。そして紫外線は活性酸素種を産生し,肌のきめ細かさ,弾力性を失わせるなど,肌の老化と深く関連しています。

 

活性酸素種はストレスによっても発生します。ストレスが肌の敵です。

 

レスベラトロールは紫外線によるDNAの障害を防止すること,血清中の抗酸化力を増加させること,過酸化脂質 (活性酸素種によって傷つけられた脂質) を減少させること,紫外線によって活性化する炎症関連転写因子NF-kBの働きを抑制することなどが報告されています。

 

増大する仕組み

ペニスは主に成長期に多く分泌される「成長ホルモン」の効果で成長します。

 

そう聞くと、成長ホルモンの分泌が止まってしまっている20代中盤以降はペニスのサイズアップは難しいように聞こえるかもしれませんが、成長ホルモンは20代中盤以降になっても、その働きを活性化させるような習慣を身に着ければ可能です。

 

成長ホルモンの分泌を促す栄養素として、アルギニン、リジン、オルニチン、グルタミンといったアミノ酸の名前を挙げられます。中でも特に成長ホルモンの分泌促進効果が高いと言われているのがアルギニンです。

 

成長ホルモンの分泌は日中では無く、夜中寝ている間に起こることが分かっています。

 

だからアルギニンのような成長ホルモンの分泌を促進する栄養素を摂取しても、夜寝る時間が短いと十分に成長ホルモンが分泌されないので、栄養素だけでなく、睡眠時間の確保も大切です。

 

ペニスの成長のカギを握るのが、「海綿体」です。海綿体に血液が流れ込み、ペニスが膨れ上がる事をいわゆる勃起というのですが、この海綿体に流れ込む血液の量が増えれば増えるほど海綿体は拡張し、ペニスのサイズアップにつながります。

 

ペニスのサイズアップを考える上では体内の血行を良くして、海綿体に血液が流れ込みやすいような状態を作っておくことが何よりも大切です。